So-net無料ブログ作成

ナルト ネタバレ 603 ネタバレ1

[スポンサードリンク]



ナルト ネタバレ 603 確定 画像 画バレ ネタバレ。

岩の下に取り残されたはずだが、しかし死んでいなかった若き日のオビトが残った片目を開くとすぐそこにいた写輪眼をもつ白髪の老人。

ナルトNARUTO603話が発売前に最新602話『生きている』の最新確定ネタバレ(画バレ無)。

眼の前にいる人物が死神だとなかば本気で考えたオビト。

死にたくないと喚き、今まで悪さもしたけれど、良いことも行ってきたから地獄にだけは落とさないでくれと言う。

喚き動いて体に痛みがはしるオビトにうちはの老人は痛みを感じるということはまだ死んでいないということだと。

うちはオビトが助かったのは奇跡だったらしい。

大岩に半身がやられたが、うちはの老人の作った地下通路に血だらけで倒れていた、落ちてきた岩の横にと白髪の老人がしゃべる。

礼を言うオビトにうちはの老人は助けた恩を返せと言う。

オビトは、長くはここには居られないと伝える。

現在は大戦中で写輪眼も開眼したから、これでこれからは仲間をしっかりと守れると。

そう伝える、オビトにうちはの老人は今の壊れた半身ではシノビは出来ないと言う。

「この世は考え通りにはいかぬことだらけだ 長く生きれば生きるほど 現実は苦しみと痛みと空しさだけが漂っていることに気づく」白髪のうちはの老人は語りを続ける。

光が当たる所には必ず影があり、勝者がいれば絶対に負けたものがいる。

平和を考える利己的な意思が戦争をつくり愛を守るために憎しみができる。

ここでナルトの最新602話確定ネタバレが前半終わり602話の後半と603話へと続きます。

603話のナルトを手に入れたらすぐにネタバレ記載します。

602話の後半はすぐに書きます。




共通テーマ:アニメ
サプリメントダイエット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。